自己診断やってみました。

更新日:9月16日

こんにちは。

横浜市都筑区(センター南)でパーソナルカラー診断をしている比留間裕美です。


最近、雑誌やメディア、SNSでもパーソナルカラー診断の文字を見かける機会が増え、沢山の方に興味を持っていただけているのは、パーソナルカラーアナリストとして本当に嬉しいことだと感じています。


もう、既に診断を受けて、ファッションやメイクに活かしている方も多いのではないでしょうか?アパレルブランドやコスメブランドからも自己診断ができ、結果に基づいたお勧めのアイテムの案内までしてもらえるサイトがあり、とても便利ですね。


ふと、私がサイトで診断するとどうなるかなぁと思いやってみました♪

結果は。。。↓


『ブルベ冬』!!

イエベ春の私ですが、質問事項の唇の色と肌の色(色白です)でこの結果になったのかなぁと思います。

自己診断はドレープ(色布)を使った診断と違い、質問形式なので、肌の色や瞳の色などを客観的に判断するのは難しいですし、自分の好みで答えを選んでしまいやすいです。

サロンにいらっしゃるお客様も、自己診断をしたら、全部の結果が出てしまって分からなくなったとおっしゃる方も結構いらっしゃいます。


では、プロの診断は何が違うのか。

それは、鏡越しに一緒に顔映りの違いを確認できること。そして、好きなパーソナルカラーでなかったとしても、似合う色と好きな色の取り入れ方をアドバイスしてもらえることです。苦手な色を知れるのもプロの診断を受けるメリットかもしれません。


色選びのコツが分かると、自信を持って色を選べるようになったり、買い物の失敗を防ぐことができるので、結果、時間もお金も節約できます。


決して診断料金は安くないですが、一生ものの診断ですので、受ける価値のあるものだと思っています。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示